どうやって発電してるの?太陽光発電のしくみ

太陽の光が電気に変換?

エコエネルギーの代名詞といえば太陽光発電。他のエコエネルギーといえば水力・風力・地熱など他にマイナーなもので海洋エネルギーというものがあります。基本的に他のエコエネルギーはモーターを自然の力を活用して回転させ電気を作っています。この太陽光発電以外のエコエネルギーの生成はモーターを動かして、運動エネルギーと言われるものを電気エネルギーに変換して電気を生成しているわけです。
では、太陽光発電から生み出される電気エネルギーは何が変換して生み出されているのかというと、太陽の光が電気エネルギーに変換しています。
実はこの光もエネルギーであり光エネルギーといいます。このエネルギーを吸収するために太陽光パネルには半導体が埋め込まれており、この半導体に光が集まることによって半導体内にある+と-の電子がわかれて電気エネルギーが生み出されるのです。

太陽光発電の未来と投資

太陽光発電のメリットは言わずも名が、エコで労力がさほどいらないという点で環境にも優しいことです。日々降り注がれる太陽の光を日常的に使われる電気に変換できるわけです。そして、比較的簡易的に設置することもできます。
では、太陽光発電のデメリットを見てみると、光が当たらないと電気がつくられないということです。
たとえば、北向きに太陽光発電を設置しては電気の生成は効率的とも言えず、また晴れの日以外も電気精製率は低下するでしょう。
また、日本ではあまり関係の無いことですが、チリや砂が多いところでは太陽光パネルが覆われてしまい電気の生成効率は低下してしまい、またパネルの溝などに入り込み不具合の原因にもつながります。
つまり、太陽光発電は設置する場所を吟味して設置することによって、いい恩恵を恵んでくれるものとなります。