どうやって始めるの?!太陽光発電への投資、初歩の初歩

太陽光発電システムの導入の仕方

太陽光発電は、太陽の力を利用して電気を発電するシステムで、自分の家で利用する電力を自己発電にてまかなうことが可能で、余った電力は売電もできます。
設置する場合には、新築の時が一番太陽光パネルを設置するのに最適な時期ですが、もちろん鬼畜住宅についても後から設置が可能です。設置に関しては、屋根が向いている方向などを考慮しながら、パネルを配置していく必要があります。当然南向きの屋根に設置するのがベストとなります。また、電気配線関連に関する考慮も必要になるため業者とよく相談するのが良いでしょう。
パネルの配置による発電量の違いはあらかじめシミュレーションできますので、シミュレーションを行うことで、パネルの配置や角度を決めると良いでしょう。

太陽光発電システムのコストについて

太陽光発電システムを導入するには、太陽電池モジュールが一番高価ですが、その他にもパワーコンディショナーや接続箱、接続ケーブル、発電量モニターなどの部品費用がかかります。
最も一般的は、5キロワットの太陽光システムを例に挙げて説明すると、太陽電池モジュールは約300万円ほどになります。接続箱やケーブル類を合わせると約4万円ほど、発電量モニターは10万円ほどします。その他別途工事費が30万円ほどかかるでしょう。合計すると約400万円となりますが、値引きされることが多く、その価格は200万円ほどになることが多いです。
価格を比較するにあたって、kW単価で見ることが大切です。kWは太陽光発電の性能に当たる設置容量となります。太陽光発電の合計価格をkW数にて割ると、kW単価が算出可能です。
一つの目安としてkW単価を50万円以下に抑えると良いです。