メリットいろいろ!太陽光発電はこんなにお得

太陽光発電は火力、水力、原子力に代わる無限の資源

太陽光発電は、大量の燃料を燃やす火力発電や自然破壊につながるダムの建設が必要となる水力発電、放射性廃棄物を作り出す原子力発電に変わり、自然に優しく太陽光という無限のエネルギーを使うために非常に注目されている発電システムです。
個人宅で、太陽光発電をするときのメリットは、まず、自家発電した電気を使うことにより、電気代を抑えることができます。また、発電した電力が余った際も、電力会社に売ることができます。さらに、地震や火災などの災害で停電した際も、非常用電源として約1500Wまで電力を利用することができ、テレビやラジオ、携帯電話の充電程度であれば、充分な電力を得ることが可能です。そのほかにも、ソーラーパネルの真下の部屋は一度からニ度涼しくなるというメリットもあります。

太陽光発電が儲かる仕組み

近年、メディアなどでも太陽光発電は取り上げられることが多く、街を歩いてみても頻繁に太陽光発電を設置している家や企業を見かけると思います。それは、太陽光発電を設置すると単純に儲かるからです。電気代の節約と余った電力を売ることだけではなく、太陽光発電を普及させるために国は補助金を出しています。日本の電力自給率(2017年現在)は 4.4パーセントと大変低く、残りの95.6パーセントを輸入に頼っているために、有事の際に電力を輸出してもらえなかったり、戦争なので途絶えてしまうことも考えられます。そのような理由から、太陽光発電の普及を進めている背景には、国が補助金を出してでも電力受給率を上げたいという思惑があります。